蓄電池を設置するなら知っておきたい情報まとめサイト » 各地域の電力会社による売電情報 » 沖縄電力

沖縄電力

沖縄電力エリア 2020年度(令和2年度)売電価格

太陽光発電を考えている方は、電力会社がいくらで買い取ってくれるのか、価格をおさえておきましょう。

2020年度(令和2年度)における、沖縄電力エリアの売電価格は下記となります。

発電区分 2020年度(令和2年度)売電価格
10kW未満 21円/kWh
10kW以上 13円/kWh(10kW以上50kW未満)

10kW未満の住宅用は10年間、買取価格が保証されます。(10kW以上の産業用は20年間)

提示された価格の売電料金が適用されるためには、期日までの申込が必要です。申込みをしても、すぐに売電スタートしないので、計画的に準備をしましょう。

沖縄電力エリア 売電価格確保のために必要な手続き

沖縄電力エリアで太陽光発電による売電をする場合、以下手順を踏むと取引がスタートします。

売電価格確保の申込手続きの流れ

契約者自身が何か特別な手配をしなくてもOK。太陽光業者を契約をすれば、必要な申請手続きは一通り対応してくれます。

ただし申請手続きをする際、建物部分の登記事項証明証(謄本)が必要なので、最寄りの法務局に行き事前に書類を発行してもらいましょう。

売電がスタートすると、申し込み時に登録した銀行口座に売電収入が振り込まれます。

よく「売電した分の電気料金が値引きされて、余剰電力部分の金額は口座に振り込まれる」と思っている人がいますが、これは間違いです!

売電した分は別で口座に振り込まれるだけで、使用した電気代金は通常通り支払う必要があります。

卒FITプラン内容や加入条件

沖縄電力では、FIT期間(固定買取売電)が終了した人向けに、継続して売電できる”卒FITプラン”を展開しています。

沖縄電力の卒FITプラン

【買取プラン】

太陽光発電だけでなく、再生可能エネルギーで発電した電力も沖縄電力が価格で7.5円/kWh買い取ってくれます。買取価格は毎年見直されています。

継続する場合、沖縄電力管轄内で売電サービスを利用していることが利用条件です。

FIT期間が終了すると自動的に買取プランに以降されるため、新たに手続きは必要ありません。

FIT期間が終了した年の末日までが契約期間となり、その後は1年ごとに更新されます。

買取プラン以外の電力活用手段は、他にも自家消費があります。

自宅に蓄電池やエネファームを設置し、発電した電力を保存。日々の電力を発電した電力で賄い、足りない分を沖縄電力から購入するパターンです。

蓄電池は初期費用がかかるともいわれていますが、リースができる会社もたくさんありますので売電以外の選択肢も視野に入れて検討してみましょう。

沖縄電力へ売電する場合の年間収支シミュレーション

沖縄電力で買取プランを利用して売電した場合、年間収支はどのくらいの金額になるのでしょうか?自家消費した場合と比較してみましょう。

比較条件は下記とします。

「買取プラン」の場合

年間約23,000円の売電収入が得られます。月額に換算すると約2,000円です。

「自家消費した場合」の場合

年間電気代節約料の目安は、年間81,800円。月額に換算すると約6,800円です。

年間収支で比較してみて

買取プランと自家消費の差額は、年間で約58,100円近くにもなります。自家消費の場合、売電と違い口座に売電価格が振り込まれません。

ただ、沖縄電力から購入する電力量が減るため、月々の電気代をグッとおさえられるでしょう。

沖縄電力の場合、FIT制度適用時は比較的高めの売電単価が設定されていますが、卒FIT売電となると半額以下になります。

トータル的に考えても、買取プランよりも自家消費の方がメリットが多いため、これを機に蓄電池の検討をしてみるのもおすすめです。

イメージ

発電したエネルギーを無駄にしないためにも、これからの時代は「使って倹約」を考えるタイミングに来ています。蓄電池を設置する際には設置業者にも注目してみましょう。

蓄電池の設置業者を知りたい