蓄電池を設置するなら知っておきたい情報まとめサイト

太陽光発電の
買取期間終了後(卒FIT)は
蓄電池で“自家消費”がお得

「固定価格買取制度(FIT制度)」の満了に伴い、電力の買取価格は大幅に低下します。これからは「売って得する」時代から「使って得する“自家消費”」の時代へ。
家庭用蓄電池を検討している方に向けて、卒FIT後も得する暮らしをご提案します。

買取期間満了後の2つの選択肢を比較

蓄電池に貯めた電気で生活する
「自家消費」

購入した蓄電池に自家発電した余剰電力を貯めて、自家消費を増やす方法です。蓄電池を使用した自家消費は、費用の高騰が続く電気代の節約にもつながることから注目されています。

太陽光発電と連携して使用する蓄電池であれば、日中は太陽光発電で作った電気を蓄電池に貯めておき、夜間の電力がお得な時間帯に使用。電力会社から購入する電力を最小限に抑え自家消費が可能になります。

また、自然災害や事故による万が一の停電の際には、予備電源としても役立ちます。

これまで通り売電を続ける
「相対・自由契約」

これまで通り余剰電力を売電する方法です。買い取り期間中に契約していた電力会社はもちろん、小売を行っている電気事業者と自由に契約することができます。

現在各事業者からさまざまな買い取りプランが公表されており、「自社電力の購入者に対しては高い買取単価を設定するプラン」や、「買い物などに使える各種ポイントを付与する」といったサービスなど、よりお得に電力を売ることができるようになっています。

蓄電池を導入するメリット

買電量が減るので光熱費の節約ができる

発電した電気を売電する際の買い取り価格は、年々低下しています。一方で、電気代は高くなるばかり。

そのような現状にあって、貯めた電気を効率よく使うことで光熱費の節約ができる蓄電池はメリット大。貯めた使用電力を見える化できるので節約意識の定着にも繋がります。

災害時でもすぐに電力が使用可能

家庭用蓄電池は、非常時の備えになるという大きなメリットがあります。災害時の電力不足や計画停電、最近では猛暑が続いたことによる電力不足も深刻化しました。そのような状態でも蓄電池があれば、貯めておいた電気で部屋の明かりや冷蔵庫、携帯の充電ができるようになり、格段に利便性が高まります。

非常時にいつものように電気が使えるということは大きな安心につながるもの。特に小さなお子さんやペットが居るご家庭にはおすすめです。

【47都道府県別】蓄電池設置業者一覧

蓄電池は日々の電気代を節約できるだけでなく、非常時にも役立つ心強い存在。そんな蓄電池の工事は誰でもできるわけではなく、特別な資格が必要であることをご存じでしょうか。

ここでは、資格を取得している各都道府県のおすすめの蓄電池設置業者をピックアップして紹介しています。蓄電池の設置を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

なぜ今蓄電池の導入がおすすめなのか

家庭用太陽光発電の買取義務期間が終了したのは2019年11月。そこから数年たった今、なぜ蓄電池の導入がおすすめなのか、その理由は大きく3つあります。

  1. 再生可能エネルギーの普及
  2. 自然災害による停電の増加
  3. 国内における電力ひっ迫

中でも、地震や豪雨など自然災害から起こる停電は全国各地で起きており、年々増えてきていると感じている方も多いのではないでしょうか。さらに、2022年3月に初の「電力ひっ迫警報」が出されたことも記憶に新しいかと思います。このように、日本ではいつ国から電力が届かなくなるかわからない状況にあるのです。

そのようなときに備え、今のうちから蓄電池を導入しておくことがおすすめなのです。災害時などの不安なときには明かりが灯るだけでも大きな安心感を得ることができます。特に小さい子どもや高齢者、ペットなどがいる家では、冷暖房設備や冷蔵庫などの食料なども通常時のように使用することができるので、万が一のときの備えとして導入してみてはいかがでしょうか。

蓄電池に関するよくある質問

蓄電池について多く寄せられる疑問・質問と、解答をまとめました。これから蓄電池を導入する方が気になる内容について、利用者の声も含めて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

価格が高く寿命が短い印象で割に合わないのでは

蓄電池の価格は、発売当初よりもかなり安くなっています。また、国や各自治体が実施している補助金制度もあるので、それをうまく活用することで低コストでの導入が可能になります。

あと何年住むかわからないのに、今から入れるのはちょっと…

ご高齢だからこそ、万が一の備えとして導入をおすすめします。災害時の停電によって家電製品が使えなくなったり、夜間に照明が使用できなくなったりすると、思わぬ事故や危険を招く可能性があります。

実際に「災害時に役に立った」「入れてよかった」という利用者の声もたくさん届いています。

蓄電池に関する情報が少ない・どういった視点で比較検討したらいいかわからない

そもそも蓄電池とは何なのか、どんな種類があり、どれくらいの設置費用がかかるのかや設置までの流れなどを解説しています。初めて蓄電池について調べ始めた方は、ぜひ参考にしてみてください。

参考:資源エネルギー庁
(https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/solar-2019after/reason.html )

蓄電池を導入する前に
知っておきたい情報をまとめてチェック

お住まいの地域電力会社の売電対策を確認

売電と悩んでいる女性のイラスト

各社がさまざまな蓄電・売電プランを打ち出していますが、まずはお住まいの地域電力会社がどのような方針を打ち出しているのかをしっかりと確認することが大切です。ここでは各都道府県の方針を紹介しています。

【地域別】電力会社の売電対策を見る

各種蓄電池メーカと利用者の口コミ一覧

嬉しい口コミのイラスト

各種蓄電池メーカごとに、蓄電池を利用する方の口コミを集めています。ご家庭によってさまざまなニーズがあり、利用してみて初めて実感したメリットなど、リアルな情報が満載です。

各種メーカーの蓄電池の特徴と
利用者のリアルな声をチェック

イメージ

家庭用蓄電池の設置には、専門的な知識や資格が必要です。失敗しない工事のためには、施工方法や扱いメーカー、実績数に注目して選びましょう。

おすすめの蓄電池設置業者を見る