蓄電池を設置するなら知っておきたい情報まとめサイト » 蓄電池を選ぶポイント » 価格

価格

家庭用蓄電池選びのポイントとして、価格と性能・スペックの関係という点から考察していきたいと思います。

価格面でチェックすべきことは何?家庭用蓄電池の選び方

家庭用の蓄電池という製品は、技術の進歩や量産化の実現により、ようやく普及・一般化のスタートを果たしました。とは言え、家庭用蓄電池という製品は、まだまだ高価な買い物であるという現実も否めません。安いものでも数十万円、標準的なものでも100万円前後、高機能でハイスペックなものだと200万円もしくはそれ以上といったものもあります。

蓄電池に限ったことではなく、工業製品すべてに言えることですが、より高性能・ハイスペックなものほど価格は高価になるということです。そして蓄電池の場合、価格を大きく左右するのは蓄電池の容量です。

蓄電池の価格目安としてよく言われるのが、「容量1kwあたり20万円」という数字。これは国によって設定された平成27年現在の基準価格(A値)というもので、補助金の計算にも用いられます。なお実際には、本体のシステムや各種の付加機能などの要素も加算されていきますので、必ずしも1kwだから20万円で買えるという意味ではありませんのでご注意ください。

さて、実際にご家庭に蓄電池を導入する場合、金額の大小はもちろん重要ですが、それに加え、考慮しておくべきが、この容量と価格のバランスです。先に述べた数十万円程度で購入できるものは、容量も1kw程度の少ないものがほとんどです。「安物買いの銭失い」とまでは言いませんが、その程度の容量ではいざという時に心もとないというのが現実。一般的な家庭に設置し、非常時の電源として備えるのであれば、最低でも3kw~4kw程度のものを購入した方がよいでしょう。逆に、メーカーによっては12kwといったような大容量タイプをラインアップしているケースもあります。しかし、当然ながら高価になり、またより大型で重量もかさむため設置場所の確保という課題も出てきます。

結論としては、蓄電池選びの際は、金額の大小だけにとらわれるのではなく、容量や機能といったトータルなコストパフォーマンスで考えるべきです。

以下に、主要メーカーの製品と容量、参考価格を一例として記載しますので、参考にしてください。

メーカー パッケージ型番/容量 参考価格
パナソニック LJ-SA32A5K・LJ-SA16A6K/3.2kw 1,320,000円
日本電気(NEC) ESS-H-002006B/5.53kw 1,500,000円
パナソニック LJ-SA32A5K・LJ-SA16A6K/3.2kw 1,600,000円
京セラ EGS-LM72AⅢ/7.2kw 2,400,000円
ニチコン ESS-UA1SK/14.4kw 4,450,000円
パナソニック LJ-ME15A/15kw 7,700,000円

蓄電池の価格についても的確なアドバイス
安心して任せられる蓄電池の設置業者リストはこちら>>

知っておきたい蓄電池おすすめ設置業者3選

関西圏の設置対応実績
6,000件の信頼

イメージ
引用元:公式HP
https://www.chikuden-system.com/
関西エリアを中心に数多くの実績を重ねソーラーパネルと蓄電池にも精通。実績数の多さが利用者からの信頼を物語っています。
※実績数に関しては2009年~2019年のグループ実績対応数となります。
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

メーカー以外にも
業者保証10年付き

イメージ
引用元:公式HP
http://sinki.jp/
メーカー機器の保証だけでなく、設置業者としての保証も10年付いてくる!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

利用者の顔と導入の
キッカケを詳しく紹介

イメージ
引用元:公式HP
https://www.ecoplusone.com/
実際に利用した方々の姿が見え、リアル意見を知ることが出来る!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

イメージ

発電したエネルギーを無駄にしないためにも、これからの時代は「使って倹約」を考えるタイミングに来ています。蓄電池を設置する際には設置業者にも注目してみましょう。

蓄電池の設置業者を知りたい