蓄電池を設置するなら知っておきたい情報まとめサイト » 家庭用蓄電池を導入するメリット » 電気料金の削減

電気料金の削減

家庭用蓄電池の導入によってもたらされるメリットとして、電気料金の削減という面にスポットを当てて解説していきたいと思います。

蓄電池がもたらすメリット【電気料金編】

一般家庭に蓄電池を導入・設置するメリットとして、真っ先に思い浮かぶのは、災害や停電時における非常用電源としての役割でしょう。実際、先の東日本大震災とそれに伴う電力不足においても、この点が大きな注目を集めました。

しかし、そういった話を聞くと、逆に「非常時の備えだけに導入するには、蓄電池は価格が高すぎる」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかしご安心ください。家庭用蓄電池には、停電時の備えというだけではなく、平常時にも、電気料金の削減というメリットをもたらしてくれるデバイスなのです。

より具体的にご説明しましょう。現在、東京電力や関西電力などの大手電力会社では、夜間や深夜の電気料金が、昼間の電気料金よりも割安になるお得なプランが設定されています。この利点を、家庭用蓄電池によって賢く利用できるのです。夜間のお得な料金分の電気を蓄電池に貯めておき、料金が高くなる昼間は、蓄電池に貯めておいた料金の安い電気でまかなう。そしてまた夜になれば安い夜間料金の電気を蓄電池に充電するという使い方です。

なお、こうした蓄電や放電の切り替えは、蓄電池の種類によっては、手動で切り替えを行わなければならないものもありますが、新しいものであれば、一部のローエンド製品を除き、ほとんどがタイマー設定や系統連携などによって、面倒な手間なく上記のような昼間と夜間の使い分けが行えます。

では、蓄電池を導入することで、どれくらいの料金削減になるのでしょうか?

一例として、ひと月の電力消費量が270kWhで、もともと電気使用量が少なめで節電上手な家庭の場合、ひと月の電気料金は6,886円となる計算になります。ここに4kWの蓄電池を導入した場合、ひと月の電気料金は4,898円となり、月々2,000円弱安くなり、年間で約24,000円の節約になるという計算になります。

もうひとつ、別の例として、ひと月の電力消費量が500kWhと比較的使用量が多い場合で、蓄電池も12kWの大容量タイプを設置した場合、蓄電池なしの場合の年間電気料金は138,360円となるのに対し、12kW蓄電池を使用した場合は年間84,120円。節約額は年間で54,240円、月々4,520円も安くなる計算です。

これらはあくまで試算であり、実際にはエアコン使用の頻度など電気使用量によって変わってきますが、それでも大きな電気料金の節約になることはお分かりいただけるのではないかと思います。

繰り返しになりますが、蓄電池は災害時・停電時の備えとなるだけでなく、日々の電気料金削減といったメリットをもたらしてくれるのです。

知っておきたい蓄電池おすすめ設置業者3選

関西圏の設置対応実績
6,000件の信頼

イメージ
引用元:公式HP
https://www.chikuden-system.com/
関西エリアを中心に数多くの実績を重ねソーラーパネルと蓄電池にも精通。実績数の多さが利用者からの信頼を物語っています。
※実績数に関しては2009年~2019年のグループ実績対応数となります。
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

メーカー以外にも
業者保証10年付き

イメージ
引用元:公式HP
http://sinki.jp/
メーカー機器の保証だけでなく、設置業者としての保証も10年付いてくる!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

利用者の顔と導入の
キッカケを詳しく紹介

イメージ
引用元:公式HP
https://www.ecoplusone.com/
実際に利用した方々の姿が見え、リアル意見を知ることが出来る!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

イメージ

発電したエネルギーを無駄にしないためにも、これからの時代は「使って倹約」を考えるタイミングに来ています。蓄電池を設置する際には設置業者にも注目してみましょう。

蓄電池の設置業者を知りたい