蓄電池を設置するなら知っておきたい情報まとめサイト » 家庭用蓄電池を導入するメリット » 賢く電気を使ってエコな生活

賢く電気を使ってエコな生活

蓄電池は太陽光発電システムと組み合わせることで、電気の自給自足が可能になります。蓄電池を導入することで生じるエコなメリットを解説します。

蓄電池と太陽光発電を組み合わせて得られるメリット

自宅へ蓄電池の設置・運用を検討されている方の中には、すでに太陽光発電システムを導入済みというケースが多いことでしょう。また、これから蓄電池と太陽光発電を同時に導入しようとお考えの方も少なくないと思いますが、どちらの考え方も正解です。蓄電池と太陽光発電の組み合わせは、それぞれを単体で運用するよりも、さらに大きな相乗効果、メリットを産み出すのです。

より具体的に説明しますと、太陽光発電を既に導入済みの方は先刻ご承知のことと思いますが、家庭用の蓄電池が普及し一般化する以前は、太陽光発電で発電した電気を自宅で消費できるのは、太陽の出ている昼間のみに限られていました。発電して自宅で消費できない分は、電力会社に売電することで家計への負担を軽減するというモデルケースが一般的でした。

しかし、これも十分ご承知かと思いますが、太陽光発電による電力の買い取り価格は年々と値下がりしており、初期の頃に比べると、売電によるメリットは少なくなってきているのが現状。それゆえに、蓄電池に貯めておき自らの家庭で使用した方が、結果的に電力会社に支払う料金を軽減できてお得という考え方が生まれるようになったのです。これは言ってみれば、電気の自給自足であり、それを実現させる原動力が、ほかならぬ家庭用蓄電池なのです。

もちろん現実には、太陽光発電だけでご自宅にて使用する電気をすべてまかなえるという訳ではありません。夜間や悪天候時などは発電できないことに変わりはありません。しかし、その分をお得な夜間電力で蓄電池に賄うという方法を併用すれば、やり方次第では割高な昼間料金の電力は一切買わずに済むといったメリットも。

そして、蓄電池の最大のメリットである停電時の非常電源という面においても、太陽光発電と連携させていれば日照時間中は蓄電池への充電ができ、停電が長引くような場合でもより安心感は高まります。

もちろん経済的メリットも見逃せません。参考までに、一例をご紹介します。

ひと月の電力消費量が270kWhで電気料金は6,886円というご家庭に、4kwの蓄電池と4kwの太陽光発電を導入した場合、270kWhのうち70kw分は太陽光発電の電力で蓄電池に補うことができ、ひと月の電気料金は夜間電力200kwh分の3,964円で済むようになります。これだけでも月々3,000円弱の節約になりますが、そこに太陽光発電による売電利益が月あたり11,500円前後得られることになり、差し引き8,500円程度のプラスが生まれることになるのです。

以上の通り、蓄電池と太陽光発電の組み合わせは大きな相乗効果を生み、部分的ではありますが、電気の自給自足も実現。そして何よりも火力発電への依存度を多少なりとも軽減させ、エコな生活を目指すうえでも貢献してくれることになるのです。

参照元:蓄電池総合情報(http://standard-project.net/chikuden/simulation.html)

知っておきたい蓄電池おすすめ設置業者3選

関西圏の設置対応実績
6,000件の信頼

イメージ
引用元:公式HP
https://www.chikuden-system.com/
関西エリアを中心に数多くの実績を重ねソーラーパネルと蓄電池にも精通。実績数の多さが利用者からの信頼を物語っています。
※実績数に関しては2009年~2019年のグループ実績対応数となります。
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

メーカー以外にも
業者保証10年付き

イメージ
引用元:公式HP
http://sinki.jp/
メーカー機器の保証だけでなく、設置業者としての保証も10年付いてくる!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

利用者の顔と導入の
キッカケを詳しく紹介

イメージ
引用元:公式HP
https://www.ecoplusone.com/
実際に利用した方々の姿が見え、リアル意見を知ることが出来る!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

イメージ

発電したエネルギーを無駄にしないためにも、これからの時代は「使って倹約」を考えるタイミングに来ています。蓄電池を設置する際には設置業者にも注目してみましょう。

蓄電池の設置業者を知りたい