蓄電池を設置するなら知っておきたい情報まとめサイト » 蓄電池の各社メーカーについて » Panasonic

Panasonic

蓄電池の設置業者、ソーラーパートナーズのサービス内容や会社の基本情報、取り扱っている蓄電池のメーカー、口コミ評判などをご紹介していきます。

Panasonicとしての取り組みについて

Panasonicの蓄電池には、太陽光発電と連繋している総蓄連繋システムと、リチウムイオン型があります。

Panasonicの蓄電池の特徴

パワーステーション総蓄連繋システム

Panasonicは業界ではじめて、太陽光発電と蓄電池の2つのパワーコンディショナを、パワーステーションとして一体化しました。そのため、電気の活用が効率よくできるようになりました。

太陽光発電と蓄電池からパワーステーションまでは直流で充電するため、変換が少なくなり、電気のロスが少なくなります。

ライフスタイルに合わせて運転できる

Panasonicの蓄電池には、運転モードが3つ設定されています。

たとえば、普段は経済優先モードにしておいて、緊急時に蓄電優先モードに切り替えたりと、ライフスタイルや状況にあわせて運転方法を変える事ができて便利です。

リチウムイオン型は小型で場所を取らない

小型で場所を取らないため、キッチンやダイニングなどの空きスペースに置きやすくなっています。 リチウムイオン型は照明や冷蔵庫など、常に通電しておきたいものには配線接続ができるので、停電のときも安心です。

また、液晶タッチパネルで残容量が分かりやすく表示されるため、確認も簡単です。

Panasonicの蓄電池製品情報

Panasonicの住宅用蓄電器はパワーステーションというブランドです。LJP255328Kは耐塩害仕様となっています。

型番 LJPB21
蓄電容量 5.6kWh
定格出力 5.5kW
変換効率 96%
重量 39.5kg
型番 LJPB22
蓄電容量 5.6kWh
定格出力 5.5kW
変換効率 96%
重量 40kg
型番 LJP25532
蓄電容量 5.6kWh
定格出力 5.5kW
変換効率 95%
重量 102kg
型番 LJP255328K
蓄電容量 5.6kWh
定格出力 5.5kW
変換効率 95%
重量 102kg

Panasonic製蓄電池の口コミ・評判

img01

電気代節約になりました

昼間は太陽光発電でまかなえるのですが、夕方から夜にかけて、電気代の高い時間に買電しなければならず、電気代節約のために総蓄連繋にしました。普段は、経済優先モードに設定して、買電を少なくするように努めています。

img02

いざという時のために蓄電

定年後、新築を建てました。安全性を考えて、太陽光発電と蓄電池を両方入れて、総蓄連繋型にしました。前の震災の経験から、いざという時は、家族や友人にわが家を避難所として使ってもらおうと思っています。売電にも期待しています。

img01

災害、停電のときも安心

まさかの地震と停電に見舞われましたが、蓄電池のおかげでご飯やミルクを用意できました。生まれたばかりの赤ん坊がいたので、避難所に行かずにすんで助かりました。 ご近所の方の携帯を充電したりと、他の方のお役に立つ事もできました。

知っておきたい蓄電池おすすめ設置業者3選

関西圏の設置対応実績
6,000件の信頼

イメージ
引用元:公式HP
https://www.chikuden-system.com/
関西エリアを中心に数多くの実績を重ねソーラーパネルと蓄電池にも精通。実績数の多さが利用者からの信頼を物語っています。
※実績数に関しては2009年~2019年のグループ実績対応数となります。
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

メーカー以外にも
業者保証10年付き

イメージ
引用元:公式HP
http://sinki.jp/
メーカー機器の保証だけでなく、設置業者としての保証も10年付いてくる!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

利用者の顔と導入の
キッカケを詳しく紹介

イメージ
引用元:公式HP
https://www.ecoplusone.com/
実際に利用した方々の姿が見え、リアル意見を知ることが出来る!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

イメージ

発電したエネルギーを無駄にしないためにも、これからの時代は「使って倹約」を考えるタイミングに来ています。蓄電池を設置する際には設置業者にも注目してみましょう。

蓄電池の設置業者を知りたい