蓄電池を設置するなら知っておきたい情報まとめサイト » 導入前にチェック!蓄電池の基礎知識 » 蓄電池の種類

蓄電池の種類

リチウムイオン電池、ニッケル水素電池、鉛蓄電池、NAS電池といった蓄電池の種類とそれぞれの特徴について解説していきたいと思います。

ご存じですか?蓄電池の種類とそれぞれの特徴

蓄電池には様々な種類がありますが、家庭用蓄電池に用いられるのは、ほぼ間違いなくリチウムイオン電池であると考えてください。ちなみに、国からの補助金対象となっているのもリチウムイオン電池の蓄電池ですので、この点はしっかりと踏まえておいてください。なお、蓄電池の補助金については「家庭用蓄電池の補助金について」の各ページで詳しく解説しています。併せてご覧ください。

では改めまして、蓄電池の主な種類と特徴について見ていきましょう。

リチウムイオン電池
他の蓄電池に比べ、軽量コンパクトでありながら、エネルギー密度が高く充放電効率が高いという特徴があり、電力も大きいと言えます。スマートフォン、ノートパソコン、デジタルカメラなどはもとより、電気自動車や新しいハイブリッドカーなどにも用いられています。技術が進んだことによって、小型軽量化かつ大容量化を果たした電池といってよいでしょう。またリチウムイオン電池の登場と進化が、家庭用蓄電池を現実のものとしたといっても過言ではありません。

ニッケル水素電池
私たち一般人に身近なものとしては、旧三洋電気(現パナソニック)の「エネループ」に代表される充電式電池があります。常温で作動し急速充放電が可能という特性があるため、一般消費者向けにも広く浸透しました。また産業向けにも用いられており、初期のハイブリッドカーにはこのタイプの電池が搭載されていました。その他、鉄道システムの設備などにも使用されています。

鉛蓄電池
こちらも比較的、我々に馴染みのある蓄電池です。一般的な自動車やオートバイなどのバッテリーは、ほぼこの鉛蓄電池に分類されます。またゴルフ場の電動カートやバッテリーフォークリフトなどにも用いられています。低コストかつ信頼性に優れていますが、使用を繰り返すことで劣化していく速度も比較的早いというデメリットがあります。

NAS電池
一方こちらは、一般人にはあまり馴染みがありませんが、大規模な電力貯蔵に適した電池であり、工場や大規模施設などのバックアップ電源の用途に用いられます。非常に効率よく充放電を行える反面、ナトリウムと硫黄を使用するため、危険物の取扱いに長けた人材が必要となり、日々の動作確認や保守作業なども不可欠。あくまで専門家が大規模施設のために運用するというものになります。

知っておきたい蓄電池おすすめ設置業者3選

関西圏の設置対応実績
6,000件の信頼

イメージ
引用元:公式HP
https://www.chikuden-system.com/
関西エリアを中心に数多くの実績を重ねソーラーパネルと蓄電池にも精通。実績数の多さが利用者からの信頼を物語っています。
※実績数に関しては2009年~2019年のグループ実績対応数となります。
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

メーカー以外にも
業者保証10年付き

イメージ
引用元:公式HP
http://sinki.jp/
メーカー機器の保証だけでなく、設置業者としての保証も10年付いてくる!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

利用者の顔と導入の
キッカケを詳しく紹介

イメージ
引用元:公式HP
https://www.ecoplusone.com/
実際に利用した方々の姿が見え、リアル意見を知ることが出来る!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

イメージ

発電したエネルギーを無駄にしないためにも、これからの時代は「使って倹約」を考えるタイミングに来ています。蓄電池を設置する際には設置業者にも注目してみましょう。

蓄電池の設置業者を知りたい