蓄電池を設置するなら知っておきたい情報まとめサイト » 導入前にチェック!蓄電池の基礎知識 » 設置までの流れ

設置までの流れ

蓄電池の設置工事を依頼する際の、問い合わせから完了までの流れについて時系列に沿って述べていきたいと思います。

蓄電池の設置工事、問い合わせから完了までの流れとは

蓄電池の設置工事自体は、1日程度で完了できるものですが、その前段階としていくつかのプロセスを踏む必要があります。販売店や設置業者によっては、多少の違いがあるかもしれませんが、一般的なフロー例としてご覧ください。

1.販売店への問い合わせ
まずは評判や実績などを基に、ここは良さそうだと思う販売店に問い合わせをしてみましょう。この時、親身で親切な対応をしてくれる業者であれば、本契約を結ぶ相手として候補に加えてよいでしょう。逆におざなりな対応だったり、ろくな説明もしないで契約を急かしてくるような業者であれば、候補から外してしまってよいでしょう。

2.現地調査
問い合わせの段階で信頼できそうな業者を絞り込んだら、自宅へ招き、蓄電池の設置が可能かどうかの調査を依頼します。設置場所の確認や採寸などを行い、また良心的な業者であれば、ライフスタイルや電気の使用度合い、太陽光発電の有無なども詳しくヒアリングの上で、最適なプランを提示してくれ、見積もりに反映してくれるはずです。

3.詳細打合せ・見積もり作成
現地調査を基に、より詳細な打ち合わせを重ね、予算や希望などを反映した機種選定、見積もりが提示されます。この際に、納得できるプランかどうかをしっかり吟味してください。なぜその値段でその提案なのか、キチンとした説明がなされるかどうかも重要です。納得できたら、次のステップへと進みます。

4.補助金の申請
契約の意思が固まったら、見積もりプランを基に国への補助金申請を行います。本契約の前でないと補助金は無効になるため、このタイミングで申請となります。なお地方自治体への申請については、契約前・着工前・完工後と自治体によってタイミングが異なるため、適宜おこなう必要があります。いずれの場合でも、業者に代行依頼が可能です。

5.本契約~着工
補助金の予約決定通知書が届いたら、最終的な仕様や金額などを最終確認した上で、本契約を結びます。その上で、機器の手配や工事日の調整を行い、指定の日時で工事が開始。概ね1日程度、長くても2日程度で工事は完了します。完了後、依頼者立会いのもとで、確認と検査が行われ、問題なければ運転開始となります。

6.蓄電開始~アフターフォロー
設置作業が完了し問題なければ、その時点から蓄電が開始されます。貯めた電気を使ったり売電したりと自在に運用してください。なお、不具合などが発生したり、相談事などがあった場合は、アフターフォローを依頼します。

知っておきたい蓄電池おすすめ設置業者3選

関西圏の設置対応実績
6,000件の信頼

イメージ
引用元:公式HP
https://www.chikuden-system.com/
関西エリアを中心に数多くの実績を重ねソーラーパネルと蓄電池にも精通。実績数の多さが利用者からの信頼を物語っています。
※実績数に関しては2009年~2019年のグループ実績対応数となります。
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

メーカー以外にも
業者保証10年付き

イメージ
引用元:公式HP
http://sinki.jp/
メーカー機器の保証だけでなく、設置業者としての保証も10年付いてくる!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

利用者の顔と導入の
キッカケを詳しく紹介

イメージ
引用元:公式HP
https://www.ecoplusone.com/
実際に利用した方々の姿が見え、リアル意見を知ることが出来る!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

イメージ

発電したエネルギーを無駄にしないためにも、これからの時代は「使って倹約」を考えるタイミングに来ています。蓄電池を設置する際には設置業者にも注目してみましょう。

蓄電池の設置業者を知りたい