蓄電池を設置するなら知っておきたい情報まとめサイト » 導入前にチェック!蓄電池の基礎知識 » 蓄電池とは

蓄電池とは

そもそも蓄電池とは何かという点について掘り下げ、使用目的や家庭用と産業用の違いなども考察していきたいと思います。

そもそも蓄電池はどのような目的で使用するものか?

その名前が示す通り、蓄電池とは電気を貯めておくことが出来て、貯めておいた電気を使うことができる電池のことです。充放電を繰り返し行うことができるのが最大の特徴で、二次電池とも呼ばれます。広義で言えば、エネループなどの充電式ニッケル水素電池や自動車用のバッテリーなども蓄電池の一種です。一方、市販されている乾電池は、ユーザーが自ら充電することはできませんので、蓄電池の範疇には入りません。

かねてより、大規模施設や鉄道などでは産業用蓄電池などが用いられており、バックアップ電源として用いられていましたが、いかんせん高価かつ設備も大型となるため、一般家庭向けとは考えられていませんでした。

しかし技術の進歩により、小型軽量で家庭用用途に即した容量のものが登場するようになり、一般家庭に設置するタイプの蓄電池が開発されるようになりました。そして注目を浴びる大きなきっかけとなったのは、先の東日本大震災における電力不足や計画停電でした。蓄電池に電気を貯めておくことで、万が一停電となった際も、照明や家電機器、パソコン類などが使用できるというのは、大きな安心をもたらしてくれます。

そしてもう一つ、蓄電池によって家庭にもたらされる恩恵が、電気料金の削減です。太陽光発電システムを通じて電気を貯めておく、あるいは夜間のお得な電気を貯めておき、その分を昼間に使用するといった電気の賢い使い方ができるようになるのです。

特に、太陽光発電との連携という面においては、これまでは太陽光で発電した電気を電力会社に売電することで家計への負担を軽減するというモデルケースが一般的でした。しかし、この買い取り価格は年々値下がりしており、初期の頃に比べると、売電によるメリットは少なくなってきているのが現状。それゆえに、蓄電池に貯めておき、自らの家庭で使用した方が、結果的に電力会社に支払う料金を軽減でき、お得という考え方が生まれるようになったのです。

以上の通り、家庭用蓄電池とは、万一の停電時への備えというメリットに加え、電気を賢く合理的に使用することができるデバイスであるということが言えます。そして誤解のないようつけ加えておきますと、購入設置費用は決して安くはありませんし、投資目的で設置するべきものでもありません。あくまでも、非常時の備えであったり、電気使用の効率化によって環境負荷軽減に貢献するため、と考えるべきものです。

知っておきたい蓄電池おすすめ設置業者3選

関西圏の設置対応実績
6,000件の信頼

イメージ
引用元:公式HP
https://www.chikuden-system.com/
関西エリアを中心に数多くの実績を重ねソーラーパネルと蓄電池にも精通。実績数の多さが利用者からの信頼を物語っています。
※実績数に関しては2009年~2019年のグループ実績対応数となります。
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

メーカー以外にも
業者保証10年付き

イメージ
引用元:公式HP
http://sinki.jp/
メーカー機器の保証だけでなく、設置業者としての保証も10年付いてくる!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

利用者の顔と導入の
キッカケを詳しく紹介

イメージ
引用元:公式HP
https://www.ecoplusone.com/
実際に利用した方々の姿が見え、リアル意見を知ることが出来る!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

イメージ

発電したエネルギーを無駄にしないためにも、これからの時代は「使って倹約」を考えるタイミングに来ています。蓄電池を設置する際には設置業者にも注目してみましょう。

蓄電池の設置業者を知りたい