蓄電池を設置するなら知っておきたい情報まとめサイト » 電力自由化により強まる蓄電池やHEMSの重要度

電力自由化により強まる蓄電池やHEMSの重要度

2016年から実施される予定の電力自由化と、それに伴う蓄電池ならびにHEMS(家庭用エネルギー管理システム)の必要性の増加という点にスポットを当ててご紹介していきたいと思います。

電力自由化に伴う蓄電池やHEMSの必要性

まず、電力自由化とは何か?おさらいしていきましょう。簡単に言えば、これまで東京電力や関西電力、九州電力といった大手事業者によって寡占状態だった発電事業ならびに送電事業に新規参入できるようになり、企業間によるサービスの競争が行われるようになるということです。

そう聞くと、一般消費者にとっては良いことのように聞こえますが、実はそれほど単純な話ではなく、むしろ逆の事態が起こる可能性があるのです。

ご存じない方も多いと思われますが、東京電力をはじめとする大手電力会社による現在の寡占状態下では、実は停電が極力起きないように、需要予測の10~15%以上の電力を予備として強制的に発電させています。これが自由化した場合、当然ながらコスト管理が重視され、需要予測に対してギリギリの発電量しか供給しなくなることが予測されます。つまりは停電が頻繁に起きる可能性があるのです。実はこのことが、電力自由化によって蓄電池の重要性が高まるとされている理由に他なりません。言うまでもなく、突然の停電においても、蓄電池があれば照明や家電製品、パソコン類が使用できますので。

HEMSとは何か?どんなメリットをもたらしてくれるのか?

そしてもうひとつ、蓄電池は電力自由化によって、家計を助ける利点ももたらしてくれます。そもそも電力というものは昼間が割高、夜間は割安な料金設定になっています。そして電力自由化によって、売電においても昼間は高く売るということが可能になると予測されています。つまり蓄電池があれば、割安な夜間電力で蓄電しておき、その電力を昼間の高い時間帯に売るということも可能になるかも知れません。

ただし、そうした経済的メリットを得るためには、省エネ家電の利用などで電力使用量をなるべく抑えることが不可欠です。とはいえ家庭内でどの家電がどれだけの電力を消費しているかは、正確には把握しづらいもの。しかし、近年、それを可能にしてくれるシステムが普及し始めています。

それはHEMS(ヘムス)というもの。初めのHは「家庭用」を意味し、EMSは「エネルギー管理システム」の略。ちなみに商用ビル向けはBEMS、工場向けはFEMSといった具合に呼び名が変わります。HEMS(家庭用エネルギー管理システム)とは、簡単に言えば、電力使用量の可視化や使用する電気機器類の制御、太陽光発電システムや蓄電池などをコントロールできる装置のこと。電力需要と電力供給を可視化し、蓄電システムに蓄えた電気と太陽光で発電した電気を、効率よく使用する、あるいはお得に売電するといったことを可能にしてくれる装置です。まさに、電力自由化への備えとして注目を集めており、国や自治体も補助金を設定して普及を後押ししている状況です。

知っておきたい蓄電池おすすめ設置業者3選

関西圏の設置対応実績
6,000件の信頼

イメージ
引用元:公式HP
https://www.chikuden-system.com/
関西エリアを中心に数多くの実績を重ねソーラーパネルと蓄電池にも精通。実績数の多さが利用者からの信頼を物語っています。
※実績数に関しては2009年~2019年のグループ実績対応数となります。
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

メーカー以外にも
業者保証10年付き

イメージ
引用元:公式HP
http://sinki.jp/
メーカー機器の保証だけでなく、設置業者としての保証も10年付いてくる!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

利用者の顔と導入の
キッカケを詳しく紹介

イメージ
引用元:公式HP
https://www.ecoplusone.com/
実際に利用した方々の姿が見え、リアル意見を知ることが出来る!
公式サイトで
サービスを確認

蓄電池について
電話で問い合わせる

イメージ

発電したエネルギーを無駄にしないためにも、これからの時代は「使って倹約」を考えるタイミングに来ています。蓄電池を設置する際には設置業者にも注目してみましょう。

蓄電池の設置業者を知りたい